デブになって分かる辛いこと4つ

どーも!小太りです。

突然ですが、毎日元気にご飯食べてますか?食べ過ぎてないですか?

私は自分のことを小太りと呼んでいますが、正直ただのデブです。

2年前までは、まだ小太りのレベルだったのですが、

2014年から現在に至るまで14㎏太りました。もう本当にデブです。

はい、デブ。目元はイケメンと思っていた自分をぶん殴りたいです。

今回は「デブになって分かる辛いこと」を紹介します。

 ①体をぶつけるようになる

急激に太った為、頭での認識が現在の身体のサイズに追いつかず、昔の痩せていた身体のサイズとして動いてしまいます。

そのギャップで物にぶつかります。家のドアとか何回当たったことか、、、

 

②服が似合わなくなる

既製品の服は標準体型用に作られています。

オーダーメイドではない限りデブに合う服なんてなかなかありません。

小太り(本当はデブ)はスーツで仕事をしていたのですが、成長期かと思うぐらい体が大きくなり続け、スーツが入らなくなった為泣く泣く買い換えました。

お金もかかるし、お気に入りのスーツを手放す瞬間は本当に辛い。自分のせいだから余計に辛い。

太った体型に合わせて服を買うと大きいサイズになり、全体的に野暮ったい印象になってしまいます。

かっこよく着こなすことなんてできない。ただの「衣類」として服を着るしか選択肢がなくなります。

太っていてもオシャレ人もいるけど、痩せることが一番のオシャレですよね。

 

③自信がなくなる

デブに対して世間は厳しいです。自己管理のできない甘いやつです。

取引先で「自己管理もできないやつが仕事の管理ができる訳がない。デブは仕事ができない」とおっしゃる方もいらっしゃいました。

こんなことを言われたり、鏡見るたび自己嫌悪に陥ったり、どんどん自信をなくしちゃいます。

 

④動きづらい

当たり前だ!と思うかもしれませんが、これが本当に辛いんです。

考えみてください、僕の場合14キロの上着を着込んでいるのと同じなんですよ。

風呂上がりにパンツ一枚でいても、本当に体が重たくて動きづらい。。

動くのが嫌になり、外出もしなくなり、アクティブさがなくなっていきます。

休みの日にずっと家にいて、外出するのは近くのコンビニにご飯を買いに行く時ぐらい。家でゴロゴロご飯(お菓子も大量に)食べてれば更に太りますよね。

 

まとめ

デブはデメリットしかありません。

「デブがいるのが辛い」と感じたなら、すぐに痩せるしかありません!

2017/05/08現在17キロ痩せたので、気になる人は下記の記事からどうぞ。

 

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です