【人生】「観客」より「プレイヤー」になろう。

f:id:kobutorisinsi:20160810224715j:plain

どーも !ポジティブロガーの小太りです。

 

今回は「観客とプレイヤー」について語ります。

 

 

 

結論:観客よりプレイヤーになろう

f:id:kobutorisinsi:20160810225259j:plain

スポーツにしろ、イベントにしろ

「見る」方より「やる」方が圧倒的に楽しい。

 

高知県では「よさこい祭り」が開催されています。

各チームが踊りながら高知の街を回るというもの。

f:id:kobutorisinsi:20160810220357j:plain

※出典:高知のよさこい情報発信!高知よさこい情報交流館

 

ぼくは高知で生まれ育ったので。

よさこいを「見る側」「踊る側」

どちらも体験しています。

 

楽しさの度合いは

「踊る>>見る」

踊る方が8倍楽しい。

実際に踊ってみて体感したことです。

 観客よりもプレイヤーが圧倒的に楽しい。

 

よさこいに限らずなんでも当てはまります。

イベントも「参加」より「主催」が楽しい。

充実度が全く違います。

 

イベントを企画したことありますか?

企画側の方が圧倒的に楽しいですよね。

 

 結果だけでなくプロセスも経験できる

f:id:kobutorisinsi:20160810224526j:plain

観客側は結果しか分かりません。

スポーツなら「試合に勝つ・負ける」

イベントなら「参加者の人数」

 

対して、プレイヤーは結果を生み出すまでの

「プロセス」を体験できます。

 

スポーツなら

「試合に勝つ為には◯◯のスキルが必要」

と繰り返し練習をします。

 

練習の中で試行錯誤を繰り返す。

ちょっとずつスキルが身についていく。

昨日の自分より、少しでも成長を感じると嬉しいですよね。

プロセスを経験できるからこそ、感じる喜びです。

 

ぼくは中学時代ソフトテニスをやっていました。

試合に勝つ為には「ファーストサーブの入る確率」を上げることが必須。

繰り返しサーブの練習をしました。

60%→65%と上がるにつれて楽しくなってくる。

自分にしか分かりませんが

少しの成長に喜びを感じます。

 

「ファーストサーブの入る確率」が上がっているので

試合しても勝ちます。さらに嬉しいです。

練習したことが結果につながる。

プロセス→結果が出る。

プロセス・結果、両方に喜びを感じる。

2倍お得です。

 

結果のみを受け取る観客には

感じることのできない喜びです。

 

主役になれる

f:id:kobutorisinsi:20160810224327j:plain

観客は受動的な立場でしかない。

主役になれるのはプレイヤーだけ。

こんな可愛い子に応援されてーな。

 

 いくら野球の応援をしても

ヒットを打てるのはバッターだけです。

 

何かを生み出すのはプレイヤー側。

観客はそれを受け取るのみ。

 

スポーツ選手が

「みなさんの声援が力になった」と言います。

本当にそうなのか?

 

ぼくはそう思いません。

 

以前、フルマラソンを走ったことがあります。

20キロ地点まではスイスイ走っていました。

しかし、後半は疲労で歩くのもやっと。

ずっと足をひきづっていました。

 

その状態で沿道の応援を頂きます。

「ガンバレー!」

「もうちょっと!」

正直、声援は全く力にならなかった。

声援を受けても走れない。足が動かない。

 

タイムを刻めるのはランナーだけです。

声を枯らして応援しても、その人の記録は生まれない。

 

「観客」という受け身な立場から

「プレイヤー」になりましょう。

 

 まとめ

f:id:kobutorisinsi:20160810225317j:plain

「見る側」より「やる側」が楽しいです。

ぼくの体感だと8倍楽しい。

 

観客からプレイヤーになりましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です