”未来”は誰にも分からないから、どうか怯えないでほしい。

f:id:kobutorisinsi:20160927181625j:plain

どーも!ポジティブロガー小太りです。

 

未来」って言葉どう感じますか?

 

「希望が溢れている」

「科学技術が発達してる」

なんてポジティブなイメージあれば

 

不安しかない

景気も悪く、良いイメージができない

と感じる人もいるでしょう。

 

今回は後者に向けた記事。

「未来が不安」と怯えるあなたに読んで欲しい。

 

 

 

結論:「未来」なんて存在しない、あるのは「今」だけだ。

未来はどうなるか誰にも分からない。

優秀な学者・科学者だってそう。

 

「おそらくこうなる」未来があっても

その通り行くとは限りません。

 

「みんながスマホ片手にポケモンゲットしている未来」

を想像できた人はどれぐらいいるでしょうか?

 

「将来の為に貯金」をしていても

突然死する可能性だってあります。

 

何が起こっても不思議ではないし、

ぼくたちの想像を簡単に裏切ってきます。

 

ぼくは数年前に祖父を亡くしたんです。

とても元気だったのに、突然死をしました。

その時「未来のことなんて全く分からない」と痛感しました。

 

この世には「現在」しか存在しない

ぼくたちに分かるのは「現在と過去」のことだけ。

そして「過去」は一生変えることができない。

過去の栄光も黒歴史もずっと残ります。

 

過去を振り返ることは大事だけど

囚われると一生抜け出せなくなる。

いくら後悔しても過去は変わらないんだ。

 

だったら目を向けるべきは「現在」なんだよ。

未来・過去なんて時間の概念に過ぎない。

ぼくたちが生きているのは「現在」の一点のみ。

 

いくら辛い過去があっても

「現在」が楽しかったら、笑っていられるし救われます。

逆に「過去」どんなに素晴らしくても

「現在」がおざなりになったらダメです。

 

「あの頃は良かった」なんて言ってると

過去の囚人になっちゃいますよ。

 

未来が不安なら「行動」しよう

未来の不安は「現在」から来ている

未来に「漠然とした不安」を持っている人は多い。

 それは「現在」で「行動」をできてないから。

 

現在を必死に生きていると

ネガティブなイメージは浮かんでこない。

 

未来は予測不能、何が起きても不思議ではない。

だったら「良い未来」を描きましょう。

 

そして「良い未来」を実現するために

「現在」で行動して下さい。

 

自分で未来を描こう

ぼくは「テレビ局で働き続ける」未来が不安だったので退職しました。 

当時は何一つ良いイメージを描けなかったのよ。

 

www.kobunikki.com

 

 

「このまま続けたら病んでしまう」

「会社の未来はあるのか?」

いつだって不安に押しつぶされそうでした。

だから「別のルート」を選択したんです。

 

正直 将来どうなるかなんて分かりません。

今注力しているブログで生活できるかも不明。

ブログを書いてる「無職」です。

 

でもブロガー」として未来を描いて

現在、記事を書き続けています。 

 

実際行動することで

「ブログで生活するハードル」が分かります。

そのためにどうすればいいのか

考え、行動できる。

 

未来を描いて行動しないと

「目標までの距離」なんて分からない。

 

まとめ 

f:id:kobutorisinsi:20160926211505j:plain

ぼくはポジティブなので「不安」を感じません。

希望を持って、希望に引っ張られながら生きている。

たまに不安になっても、寝れば忘れます。笑

 

しかし「未来が不安」だという人は沢山いる。

そんな人たちの心を少しでも軽くできれば幸いです。

 

今回の記事はどうしても伝えたかった思いです。

 

 「未来」という言葉は魔物です。

人々に希望・不安を抱かせてしまう。

「未来」は時間の概念に過ぎないんだよ。

 

ぼくたちは「今」しか生きていない。 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です