「お前は会社を辞めたことを後悔する」といわれて1年。後悔せずに、割と楽しく生きている

「お前は会社を辞めたことを後悔する」

「ここで逃げたら、一生逃げ続けることになるぞ」

「他の場所へいっても、辛いことはたくさんある」

ということばを浴びながら、およそ1年前に会社を辞めました。

 

言われた言葉はぼくの心に突き刺さって、たまに思い出してはチクチク傷んでて。

「あのとき、いい返せばよかった」とか「うまく論破できれば」とか、今でも考えてしまう。

 

会社を辞めてからの1年を振り返ると、「お前は会社を辞めたことを後悔する」という言葉はちょっと間違ってるし、「後悔せずに生きてるよな」と思ったので、ちょっとだけぼくの話に付き合ってください。

 

およそ1年前、ぼくは東京で営業をしていました。

スーツをピシッと着て、重たいカバンを持ちながら、東京の街をあくせくと歩きまわっていた。

特に夏なんかは地獄で、すぐに必殺「タクシー」を使っていましたね。

東京の夏はとても暑くて、街全体がサウナのようでした。

 

仕事柄、接待が多く、週5日で飲みに行くことも珍しくなく。

ぼくがお酒が弱いうえに、酒癖も悪くて、毎回「今日の飲み会なくなってくれ!」と祈る日々。

まるで「台風が直撃して、学校が休みなってくれ!」と願う小学生みたいに。

まあ、台風が直撃して学校が休みになることはほぼなかったように、飲み会もなくならないんだけど。

 

勤めていた業界がちょっと特殊で、飲み会ではイッキ飲みが当たり前。

週5日の飲み会と日中の業務で、徐々にすり減って、壊れるのは時間の問題でした。

 

 

あるとき「もうこれ以上働けない」と思い、がんばっていた糸がプツリと切れちゃいました。

そっからは自分ではビックリするぐらい早く動いて、すぐに退職届を提出。

そして、ここからが本当の地獄だったんですよね。

 

「お前は会社を辞めたことを後悔する」

「ここで逃げたら、一生逃げ続けることになるぞ」

「他の場所へいっても、辛いことはたくさんある」

と言われて、会社を辞めようとすることに対して、かなりの批判を受けました。

昨日まで仲よかったのに、急に孤立した感じで、「学校のいじめってこんな感じなのかな」って考えたり。

 

前職でいろんなことがあったけど、一番つらかったのは退職前の1ヶ月だったな。

そのときにいわれた言葉は呪いのように、ずっとぼくの心に突き刺さっています。

「辞めるという選択肢って、間違っているのかな?」とモヤモヤは残り続けました。

 

 

そして、ボロボロの心と体を引きずって、地元の高知に戻りました。

それからは、ずっとチャレンジしたかったブログを始めたり、高知の自然に触れたり

ずっと住んでたはずの高知に久しぶりに帰ったら、空が底抜けに青くて、なんか泣いてしまったりして。

昔の友達とドライブして、勢いで服着たまま川に飛び込んだり。そんなことしたの、中学生ぶりでした。

 

東京時代はゼロだった体力ゲージも、徐々に回復して「ちょっと歩き出そう」と思えるように。

体力ゲージはまだ黄色で、全回復の緑にはほど遠いけど、それでもちょっとずつ戦って経験値貯めてやるぞ!って意気込んだ。

 

会社員時代に憧れたフリーランスという働き方に挑戦しようと、ブログの他にライターも始めました。

実家だからというのもあり、なんとか生活ができるようになって、友達に「今なにしてるの?」と聞かれたら「フリーランス!」と答えるように。

それまで恥ずかしくて「フラフラしてる」とか「無職だよ」とかごまかしたけど、自信を持って言えるようになった。

彼女ができたけど、こっぱずかしくて言えない。付き合いが長くなって、ようやく「彼女がいる!」と周りに言えるようになるあの感じ。

 

 

フリーランスとして生活するようになって、退職のときにいわれた呪いのことばを思い出しました。

「お前は会社を辞めたことを後悔する」

たしかに、会社員時代には恵まれていたことがたくさんあって、フリーになってから「会社ってすげえな」って思うこともありました。

でも、今は会社を辞めたことを一切後悔してないし、辞めてよかったと心の底から思ってる。

かっこいい選択肢ではなかったし、「逃げちゃった」という思いもあったけど、それでも納得はできた。

 

 

ネットでよくある「フリーランスVS会社員」のバトルとは違ってて、「自分で納得して選んだか?」がポイントです。

「会社員は福利厚生があるから!」

「フリーランスは好きな場所で好きな時間に働くことができる!」

というのはメリットでしかなくで、「なぜその働き方を選んだのか」が重要だと思いませんか?

 

ぼくは会社員を辞めて「フリーランスとして生活したい!」と思ってチャレンジしました。

正直「ネットで賛美されるほど、いいことばかりじゃない」と思うこともあるけど、それでも自分で納得しています。

手放しには喜べないけど、割と楽しんでいるって感じですね。

「完全に良いヤツ」ではないけど、一緒にいるとわりかし楽しい友達みたいな関係。

 

タイムマシンがあったら1年前に戻って、上司に「会社辞めても、後悔しないので大丈夫です」といいたいけど、それはできないから記事にしました。

だから、もし「会社辞めたい」「フリーランスに挑戦したい」っていう人がいたら、ぼくは賛成します。

周りの人が批判の石を投げてきても、傷を負いながら、ちょっとずつ進めばいい。

 

 

フリーランスとして生計を立て出して半年。

ぼくは今、千葉県の金谷という海沿いの街に住んでいます。

そこには「まるも」という場所があり、たくさんにフリーランスが集まっています。

都心からは離れた田舎街で、「都会から逃れた人たちの隠れ家」みたいだなって思うことも。

 

みんなでバリバリ仕事したり、一緒にご飯食べたり、たまにお酒飲んだり。

遅くまで話したりしていると、「なんか文化祭の前日みたいだな」って思います。

ただ本番はこないから、ずっと準備中なんだけど。

 

 

家族じゃないけど、友達でもない「不思議な関係」で、なんか居心地がいい。

定期的にイベントや長期の講座があるから、毎日まるもにとっての「転校生」がやってくる。

 

講座の中には「1ヶ月まるまるフリーランスのスキルを学ぶ」ってのもあって、それは合宿みたい。

毎日受講生は遅くまで作業して、お互いに励ましあったり、過去の話をチラッとしたり。

みんな本気でやってるから、最終日は泣いちゃったりします。

 

そんなエネルギーが溢れる場所にいて、毎日充実しています。

1年前に、「お前は会社を辞めたことを後悔する」っていわれたときには反論できなかったけど、今なら「そんなことないですよ」って胸を張って言える。

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です