【2018年4月号】月刊コブログ

どーも!小太りです。

あっという間に2018年も3分の1が終わろうとしています。

いつも思うんですが、時間が過ぎるのはあっという間ですね。

今回は月刊コブトリ4月号ということで、4月を振り返っていきたいと思います!

4月は遊び尽くした1ヶ月だった

4月はとにかく遊び尽くしました。

  • ライブ
  • 飲み会
  • フットサル
  • バスケ
  • 映画

など、思いつく限りの遊びをしていました。笑

ぼくは普段千葉県の金谷という田舎にいるのですが、4月は1週間ぐらい東京に出張していました。

そこでいつもの「文明のない生活」の反動が来て、飲みまくってしまったぞ。。笑

出張が終わって、金谷に戻ってきたあとも飲み会が続いたり、割を遊んでしまったんですよね。

数字で見る4月の活動記録

自分の中では「遊んだ」印象のある4月でしたが、「どれだけの生産活動をしたのか?」を振り返ると、意外を生産活動に勤しんでいました。

  • 音声配信23本更新
  • note20本更新
  • ブログ3記事更新
2日に1本を上回るペースで、記事作成したり、音声配信を続けています。

「遊びながらも隙間時間にはアウトプットをしている」ということに気づきました。

noteで記事を書いたり、音声配信するのは楽しいので、引き続きやっていこうと思います。

 

毎月「1つやめて、1つ始める企画」をスタート

普通に生活していると、いつの間にか時間は過ぎていて、「こんな無駄な時間を、、」を後悔するかもしれません。

なので、毎月「ちょっとしたチャレンジ」をして、日々を意識的に過ごしていきたいと思います。

そこでスタートするのが、「毎月1つやめて、1つ始める企画!」ですね。

これはその月が始まる前に「やめること」と「新しく始めること」を決めて、実際にトライしてみるというものです。

なぜこんなことをやるかというと

  • 人生は「捨てること・やめること」が重要
  • 普通に生活していると「新しいことにチャレンジ」することが少ない
  • 変化しないと人間終わる気がする
と思っており、そのためには「意識的に捨てて、意識的に新しいことにチャレンジする」必要があると考えたから。


実は4月も企画を密かにやっていて

  • やめること:新しい本を買う
  • 始めること:音声配信
という感じで、軽くやってみました。

ぼくは月に30冊本を読むこともあるぐらいの読書好きなんですが、本を買うことに際限がなくなってきたので、一旦「新しい本を買うこと」をやめてみました。

新しい本を買わなくなったので、今までの「本を読む時間」が空いて、その分音声配信やnote記事を書くことに費やすことができています。

実験としては「新しいことを始めるためには、今までやっていることをやめるべき」というのが立証されたので、引き続きやっていきたいですね。

5月の「やめること・始めること」

5月のやめること・始めることは下記の通りです。

  • やめること:20時以降の作業
  • 始めること:ランニング&ウォーキング
やめることは夜の作業です。

具体的には20時以降のPCを使った作業(記事作成&音声配信)などです。

なぜかというと、その時間帯に作業をしても生産性が低いからですね。

また夜の時間に「作業しないルール」を作ることで、その分他のことに時間を投資できます。

新しく始めることは「ランニング&ウォーキング」で、夜の20時以降の空いた時間にやってみようと思っています。

ハードルが高くなると継続が難しいので、まずは「ランニングシューズは履いて、外に出る」ことを目標に続けます。

まあ1週間に3回できればOKですね。それぐらいゆるめに始めてみます!

4月にハマったもの

真面目な話はこれぐらいにして、ぼくが個人的に「ハマったもの&買ったもの」を紹介します。

音楽

無骨なロックバンドの「ハルカミライ」の新曲です。

入学、入社などの「新しい季節」にぴったりの曲で、狂ったようにリピート再生してました。

 

王道メロコアという感じのバンドです。

たしかメンバーは19歳と若手ですが、大型フェスの出演も決定しており、超注目株!これからくるぞ!

 

友達に教えてもらった「あいみょん」

ふざけた名前ですが、曲はめっちゃかっこいいです。ちょっとヒップホップな雰囲気もありながら、ギターが印象的な曲。

PVが映画みたいでオシャレ。

 

狂気じみたロックバンド「神聖かまってちゃん」の代表曲です。

熱量がすごすぎて、見ているだけでブチあがります(語彙の消失)

 

オシャレなインストバンド。

作業しているときにエンドレスで流しっぱなしにしています。

マンガ

 

カイジの作者である福本さんの書いたマンガです。

人生とは何か?を深く考えされられる。

 

ロジカルサッカーマンガ。スポ根要素もありながら、「あくまでもロジカルにサッカーする」感じが面白い。

 

ヤンキーが美大を目指すマンガ。

絵のことはよく分からない人でも楽しく読むことができます。

表紙の女の子は、実男の子で女装しているだけです。

 

ゲーマーがたくさん出てくるラブコメディです。

その辺の恋愛マンガよりも恋愛要素がいい感じ。読んでてニヤニヤしてしまう。笑

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です