【オススメ申し込みフォーム】formrun(フォームラン)を1年間使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介!

どーも、仕事で「申し込みフォーム」を使いまくっている小太りです。

ぼくはイベントの企画&告知をすることが多く、いろんな申し込みフォームを使ってきました。

ちょっと検索すれば、申し込みフォームは無数に出てきて「結局どれがいいの?」を悩む人もいるでしょう。

その他にも

「できれば無料で使える申し込みフォームがいい」

「質問項目を細かく設定したい」

「Slackやチャットワークと連携したい」

といった人も多いと思います。

ズバリ、そういった人にオススメの申し込みフォームはformrunです!

本記事では実際にformrunを1年使ったぼくが

  • formrunのメリット/デメリット
  • こんな人にオススメ
を紹介します。

「申し込みフォームで迷っている」という人はぜひ参考にしてみてください。

→formrunの詳細を見る

formrunとは?

formrunは無料で利用できる申し込みフォームです。

ぼくは仕事で様々な申し込みフォームを使ってきましたが、もっともオススメしたいのがformrun!

特徴としては、下記のようなことがあげられます。

  • カスタムの自由度が高い
  • 他の連絡ツールと連携ができる
  • デザインがシンプルで見やすい
フォームも3つまでなら無料で使うことができるため「気軽にお試しができる」のもオススメポイントですね。

formrunのメリット

申し込みフォームは有名なGoogleフォームなど、無数にあります。

「他のツールもあるのに、なんでformrunがオススメなの?」という人っもいるでしょう。

そこで下記ではformrunを実際に1年使ってみて感じたメリットを紹介します。

  1. 細かく設定ができる
  2. フォームが見やすい
  3. 他のツールとの連携ができる
  4. 返信メッセージの細かい設定可能
  5. 無料で使うことができる
ではくわしく説明していきましょう。

①細かいフォーム設定ができる

formrunはフォームのカスタムを自由にすることができます。

フォームに必要な「名前・メールアドレス・住所」などの記入欄はもちろん装備されており、さらに

  • 一行テキスト
  • 複数行テキスト
  • 画像のアップロード など
様々な記入欄を追加することも可能なので「自分が欲しい情報を全てゲットできるフォーム」を作成することもできるでしょう。

Googleフォームを使っている時には「こういう記入欄も作りたいけど対応してない」ということがありました。

しかしformrunはあらゆる記入欄が装備されているので、自分の思い通りのフォームを作ることができます。

②フォームが見やすい

formrunはデザインがシンプルで見やすい設計になっています。

無料フォームを使うとデザインがダサかったり、サイトのテイストに合わないことがありませんか?

せっかくオシャレなサイトを作っていても、申し込みフォームの質が低いとバランスが悪いですよね。

しかもユーザーが記入する時にフォームが分かりづらければ、それが離脱の原因になるかもしれません。

フォームのデザインがシンプルで見やすいというのは、大きなメリットでしょう。

③他のツールとの連携ができる

フォームを使った時に困るのが「申し込みがきているのに気づかない」ということですね。

例えばGoogleフォームでればGmailと連携できますが、メールだけでは正直不安ですよね?

ぼくも「申し込みがきているのに、通知に気づいてない」ということがありました。笑

formrunは他の連絡ツールを連携が簡単にできるため、申し込みの通知を確認し忘れることが減ります。

  • メール
  • チャットワーク
  • Slack
に対応しているので、全て連携させておけば安心でしょう。

ぼくは仕事の時にSlackをメインで使っているので、必ずフォームとSlackを連携させるようにしています。

④返信メッセージの細かい設定可能

申し込み対応で割と手間がかかるのが「返信メッセージ」ではないでしょうか?

申し込みに対して、ひとつひとつ手作業で返信をするのが面倒ですよね。

ただ返信メッセージを自動で設定できないフォームがあったり、返信メッセージを設定できても細かい文言まで決めることができなかったり、というケースもあります。

formrunは全て自分で返信メッセージを決めることができるので、非常に柔軟に文章を変えることができます。

ぼくもフォームにか必ず自動返信メッセージをつけるようにしており、次の工程を省くような文章にしておけば、作業が効率化できて便利!

⑤無料で使うことができる

申し込みフォームを使うときに気になるのが「どれぐらいの費用がかかるか?」ではないでしょうか。

formrunは上記であげたようなメリットを持った優秀なフォームでありながら、無料で利用することができます。

ただしフォームの登録数は3つまでなので、多くのフォームを使いたいという人は有料プランの利用がオススメ!

「最初は無料で利用して、よかったら有料プランに変更する」という使い方がいいでしょう。

formrunのデメリット

上記ではformrunのメリットについて説明してきました。

メリットがあればデメリットもあるもので、実際に1年間使ってみて感じてformrunのデメリットについて説明します。

あまりデメリットはなかったですが、唯一感じたのは「慣れるまでの設定が難しい」ということですね。

自由度が高くて好きなようにフォームを設定できるので、その反面「最初操作に慣れるのが難しいかも?」と感じました。

ただ使っていればすぐに操作を覚えることができるため、そこまで気にするデメリットではないかもしれません。

ぼくはformrunを使うまで申し込みフォームなど使ったことなかったですが、formrunを使って3回目ぐらいですぐ操作になれました。

「とにかく簡単な方がいい!」という人にはオススメしませんが、普段からWebで仕事している人だと問題ないと思います。

こんな人にオススメ

formrunは特に下記のような人にオススメです。

  • Slack・チャットワークと連携したい人
  • デザインが綺麗な申し込みフォームを使いたい人
  • ビジネスでの利用を考えている人
  • 自分好みにフォームをカスタマイズしたい人
仕事での利用を考えている人にはオススメですね。

まとめ

本記事ではオススメの申し込みツール「formrun」について詳しく説明しました。

1年間ビジネス用に使っていますが、非常に使いやすくオススメのツールです。

実際に使ってみて感じたメリットをまとめると、下記の通りです。

  1. 細かく設定ができる
  2. フォームが見やすい
  3. 他のツールとの連携ができる
  4. 返信メッセージの細かい設定可能
  5. 無料で使うことができる
最初はGoogleフォームを使っていましたが、今ではformrunしか使っていません。

それぐらいformrunが使いやすいですね。

フォーム数3つまでなら無料で使うことができるので「まず無料で試してみて良かったら有料プランに変更する」という使い方がオススメです!

気になる人は下記のボタンから、formrunの詳細をぜひチェックしてみてください!

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です