【転職で失敗したくない人必見】経験者が「転職で成功するコツ・失敗する人の特徴」を説明!

今の仕事に悩んだ時、スキルアップしたい時に浮かんでくるのが「転職」です。

しかし、いざ転職しようとすると

できれば失敗したくない
「成功する転職をしたい」
「キャリアに傷をつけたくない」

という人も多いのではないでしょうか?

今よりも「いい状態」を求めて転職するのに、転職に失敗しては本末転倒ですね。

私は新卒で入社した会社に2年勤めて、今のWeb系の会社に転職しました。

初めての転職で分からないことだらけだったのですが、なんとか希望の会社に転職することができました。

そこで本記事では、実際に転職に成功した私が「転職で成功するためのコツ・失敗する人の特徴」を紹介します。

「転職で失敗したくない」という人はぜひ参考にしてみてください。

転職で成功する”たった3つのコツ”

転職で成功したい人は「3つコツ」を意識しましょう。

私が実際に自分が下記の3つを意識して、無事に転職することができました。

  1. 分かりやすい実績を作っておく
  2. 会社へのメリットを伝える
  3. 得意分野と武器を明確にする
では詳しくみていきましょう。

①分かりやすい実績を作っておく

転職で成功するには「自分のビジネス的価値」をアピールことが大事です。

そして最も「効率よく」アピールできるのは、実績を伝えることでしょう。

例えば営業をしている場合だと「月10件の新規案件を獲得しました」などの数字で明確に伝えられる実績をアピールしてください。

私の場合はブログやイベント企画などを行っており、「ブログの閲覧数&収益・イベントの集客」などを説明していました。

「自分の持っている実績」は相手を説得する武器になるので、しっかり作っておきましょう。

②会社へのメリットを伝える

転職は自分だけではなく「雇う側」の目線になることも大切でしょう。

いくら「自分は転職したいんです!」と伝えところで、会社が「雇うメリット」を感じなければ意味がありません。

例えば恋愛だとしても「ぼくはあなたのことが好きなんです!付き合ってください!」と必須に伝えても、相手が「付き合いたい」と思わなければカップルにはなれないですよね?

相手の立場になって「自分を雇うメリット」を感じてもらう必要があります。

私の場合は自分の持っているWebスキルで「〇〇という事業を伸ばすことができます」と伝えて、採用に至りました。

なるべく「具体的なメリット」を伝えましょう。

③得意分野と武器を明確にする

会社側は「この人を雇った場合、どのように活躍してくれるのだろうか?」と見定めています。

この場合、自分に明確な得意分野・武器があれば、会社側は「雇った後の活躍」をイメージしやすくなりますね。

なので転職する際には「自分の得意分野&武器」を説明できるようにしておきましょう。

私は「ブログの運営で培ったWebスキル」が武器なので「Webを担当することができます」と説明しました。

さらに得意分野や武器を説明する時には「分かりやすい実績」があると、より説得力が出てくるのでオススメですね。

Twitter&ブログも転職に活用できる

私の場合、上記で紹介した転職のコツに加えて「Twitter&ブログ」も活用しました。

少し珍しいと思うのですが、SNSやブログもうまく活用できれば「転職での武器」になります。

「え?どういう風に活用すればいいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

ポイントは下記の2つですね。

  • 自分の価値観&人柄が伝わること
  • 日々の仕事に対しての取り組み

特にTwitterは「自分の言葉で語る履歴書」のような役割も果たしてくれ、Web系の経営者の中には「必ずTwitterをチェックしている」という人もいるほどです。

私はTwitterで「ブログ・自分の仕事・企画したイベント」についてツイートしていたので、転職の際にTwitterも履歴書の1つとなっていました。

Web系の仕事に就きたい人はTwitterやブログで情報発信をすることをオススメします!

転職で失敗する人の3つの特徴

上記では「転職で成功するコツ」について説明しました。

転職で成功する人もいれば、失敗してしまう人もいます。

転職に挑戦する以上だれしも「失敗したくない」と思うものでしょう。

そこで下記では「転職で失敗する人の3つの特徴」について説明します。

  1. 自分の価値を正しく理解していない
  2. 企業目線になっていない
  3. 自分ひとりで転職しようとする
自分が当てはまらないように気をつけてください!

①自分の価値を正しく理解していない

転職とは「転職市場」に自分を投げ出す行為になります。

市場にさらされると「自分の価値」が決まり、それが職種や年収で換算されます。

市場で価値の高い人材は転職が簡単であり、年収も高くなるでしょう。

しかし自分の価値を正しく把握していないと

  • 自分の価値以上の仕事を希望して採用されない
  • 自分の価値を低く見積もり、いい仕事に就けない
という失敗ケースに陥ってしまいます。

なので「自分の価値はどれぐらいなのか?」を客観的に見極めましょう。

人間は「自分の価値を過大評価してしまう」という習性もあるので、第3者から客観的に評価してもらった方がいいですね。

②「会社の立場」に立っていない

転職とは自分の希望と会社の雇用がマッチングすることです。

自分ひとりの「転職したい!」という思いだけでは、転職に成功することはありません。

雇用する側の会社の立場を考えて「自分を雇えばどういうメリットがあるのか?」を具体的に説明しましょう。

間違えても、気持ちの押し付けや「やる気だけは負けません!」といった「精神論ゴリ押し」はしてはいけません。

③自分ひとりで転職しようとする

転職での失敗パターンは「自分の力だけで転職を乗り切ろう」とすることです。

全然知識もないのに、自己流で転職活動をすると失敗の確率が上がってしまうでしょう。

転職では

  • 企業調査
  • 履歴書の作成
  • 採用面談の調整
など、やるべきことがたくさんあります。

この全てを自分ひとりで行うのは、転職の失敗確率を自分であげているのと同じだと思います。

できれば「誰かの補助」を借りながら、転職活動に進んだ方がいいでしょう。

転職のプロに相談するのもアリ

上記では「自分ひとりで転職活動をすると失敗する可能性が高い」と説明しました。

では失敗を避けるためには、どうすればいいのでしょうか?

オススメは転職のプロである「転職エージェント」を利用することでしょう。

転職エージェントは「転職活動を支えてくれるプロ」であり、転職において心強い味方になります。

エージェント活用のメリットは、下記の4つですね。

  1. 無料で利用できる
  2. 面倒なスケジュール調整をしてくれる
  3. 履歴書の添削をしてくれる
  4. 非公開求人に応募できる
たくさんのメリットがありながら、無料で利用できるので「むしろ使わないと損」というレベルでしょう。

登録も無料なので、気になる方は「とりあえず登録して求人をチェックする」という使い方をしてもよさそうですね。

まとめ

本記事では「転職で失敗したくない」という人に向けて、転職で成功するためのコツ・失敗する人の特徴を説明しました。

まとめると、下記の通りです。

【転職で成功するためのコツ】

  1. 分かりやすい実績を作っておく
  2. 会社へのメリットを伝える
  3. 得意分野と武器を明確にする

【転職で失敗する人の特徴】

  1. 自分の価値を正しく理解していない
  2. 企業目線になっていない
  3. 自分ひとりで転職しようとする

とくに転職に失敗する人に多いのが「自分ひとりで転職してしまう」ということです。

今の時代は無料で利用できる「転職エージェント」もあるので「初めての転職で不安だ・・」という人は、エージェントの活用もオススメでしょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です