【ミニマリスト】メンズの夏服で「私服の制服化」をしてみた!

どーも!小太りです。

突然ですが、ぶっちゃけ「私服のコーディネート」を考えるのって面倒じゃないですか?

頭の中でいろいろ組み合わせて、「どれにしよう、、」と決めているだけで疲れてきますよね。

それに、「同じ服を連続で着てはいけない」とか「流行を取り入れてオシャレな服装をする」とか、難易度高すぎだよ!!

そんな悩みを解決してくれるのが、「私服の制服化」です。

私服の制服化とは、私服のコーディネートを事前に決めておきて、繰り返して着るというものです。

実はぼく、1年間ずっと私服の制服化をしています!

そしたら「コーディネートどうしよう」と悩むこともなくなったので、オススメです。

今回は、夏服で「私服の制服化」をしたので、紹介していきます。

「私服の制服化をしてみようかな?」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

私服の制服化とは

「そもそも私服の制服化って何?」という人もいると思うので、説明しますね。

私服の制服化とは、私服のコーディネートを事前に決めておきて、それを繰り返し着るというものです。

有名な人だと、Appleの創始者であるスティーブジョブズが行っていました。

彼は「黒のタートルネック×デニム」というスタイルを貫いてましたね。

また、「余計な服が減る」ということからミニマリストの間で人気です。

 

私服の制服化のメリットとデメリット

まずは、私服の制服化のメリットについて説明します。

実際に1年間やってみて感じたメリットは、下記の通りです。

  • 服のコーディネートを考える必要がない
  • 無駄な服を買わなくなる
  • 持っている服を自然と整理される
  • 服を丁寧に扱うようになる

特に大きいメリットが「服のコーディネートを考えくてもいい」というポイントです。

冒頭でも触れましたが、「私服のコーディート」を考えるのは面倒ですよね。

「同じ服ばかり着るのはダメ」という風潮もあり、コーディネートの難易度も高くなっています。

そこで、私服の制服化をしていれば、コーディネートを考える必要がありません。

出かける前に「どれにしようかな」と悩まず、決まった組み合わせから、パッと選ぶだけでOKです。

特に「コーディネートを考えるのが苦痛」という人には、非常にオススメです。

反対にデメリットは下記の2つです。

  • 服が痛みやすい
  • 飽きがくる可能性もある

同じ服を繰り返して着るので、服は傷みやすくなります。

ただ、丁寧にケアすれば問題ありません。

ぼくは結構ズボラな方ですが、私服の制服化を始めて、服のケアをするようになりました。

ぼくでもできたので、普通の人なら、ケアできるはずです。

あと「飽きが来る」というのも、よほどオシャレが好きで「色んな服を着たい」という人以外は気にしなくてもいいです。

そもそも「飽きるかもしれない」という人が、私服の制服化をしないでしょう。

メリットとデメリットについて説明しましたが、メリットの方が大きいです。

詳細は下記の記事でまとめています。
 

 

夏のワードローブを紹介

ここからは、実際にぼくの私服を紹介します。

2017年の夏はこのワードローブを着ていきますよ!

今年のテーマは「大人っぽさ」です。

 

トップスについて

f:id:kobutorisinsi:20170422234829j:plain

トップスは、ポロシャツ2枚とポケットTシャツ2枚の合計4枚ですね。

去年の夏に「私服の制服化」を行ったときに、4パターンあれば十分だったので、今年も4パターンにしています。

では詳しくみていきましょう。

まず、ポロシャツは「ユニクロU ビックシルエットポロシャツ」です。

白とネイビーの2枚をそろえました。

f:id:kobutorisinsi:20170422234844j:plain

このポロシャツの特徴は、シルエットが細いことです。

後ほど着用画像をあげていますが、実際に着てみると「スマート」なデザインをしています。

エリも大きく、立ちもいいので、首回りもキレイに見える作りですね。

ちなみに価格はセールで1,990円!

2枚買っても、4,000円程度と格安です。

f:id:kobutorisinsi:20170422234845j:plain

ユニクロはすぐにセールしてくれるので、消費者としてはありがたいですね。

次は無印良品の「オーガニックコットン 太番手クルーネック 半袖Tシャツ」です。

色はオフ白(白がくすんだような色)とグレーのボーターの2つですね。

f:id:kobutorisinsi:20170422234847j:plain

このポケTの特徴は「生地の厚さとシルエットの大きさ」です。

まず、太番手という大きい糸を使っており、生地が厚めです。

夏は汗ジミができたりするので、生地が厚いと嬉しいですね。

次に、シルエットが大きすぎないのもポイントです。

今は「ビックシルエット」という大きいサイズの服が流行っています。

しかし、ちょっと間違えると「ダラシなく」見えるので、手が出しづらいんですよね。笑

この無印のポケTは、普通のシルエットをしており、スマートに着ることができます。

そして、価格は1,990円。

おい、安すぎるぞ!ありがとう!笑

f:id:kobutorisinsi:20170422234848j:plain

トップスは4枚購入して、合計8,000円という驚異の安さです。

ぼくは、無印とユニクロに生かされています。

 

ボトムス

f:id:kobutorisinsi:20170422234857j:plain

ボトムスは下記の4つですね。

  • デニム
  • スラックス
  • 短パン(ネイビー)
  • 短パン(ベージュ)

そういえば、これ全部ユニクロで買ってます。笑

スラックス以外は前から持っていたものになります。

なので、今回新たに購入したのは、スラックス(2,000円)のみ!

デニムとスラックスは、長ズボンになります。

f:id:kobutorisinsi:20170422234948j:plain

今までは、夏=短パンだったので、デニムとスラックスの導入は挑戦ですね。

「夏なのにスラックス?」と思う人もいるかもしれません。

これはファッションブロガーのMBさんを参考にしています。

簡単に説明すると、夏は短パンやデニムの人が多いから、上品なスラックスを履くだけでオシャレに見えるというものです。

「私服にスラックス」は違和感があるかもしれないですが、いつものコーディネートに取り入れるだけで、ドレス感が増してグッとオシャレになります。

詳しくは下記の記事をどうぞ。
 

 

靴と小物

f:id:kobutorisinsi:20170422234534j:plain

では、その他のアイテムについて紹介します。

靴は上記の画像に写っている3足ですね。

  • ローファー(黒)
  • コンバース(黒)
  • リーガル(茶色)

こんな感じです。

基本的にはこの3足で、暑くなったらサンダルを導入する予定です。

特にオススメしたいのが、黒のコンバースです!

これは「モノクローム」という色なんですが、全てが「黒」で統一されています。

なので、上品な雰囲気もあり、どんな服装でも合わせることができます。

ぼくが6年前からずっと履いており、今履いているもので3足ですね。

人生で一番履いている靴です!

下記に詳細をまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。
 

 

あとは、腕につけるアイテムです。

夏は服装がシンプルになりがちなので、アイテムでアクセントを付けるといいですよね。

下記の写真は「バングル」です。

f:id:kobutorisinsi:20170422234630j:plain

数年前にジャーナルスタンダードで買いました。

色は、落ち着いたゴールドです。

キレイめな服装に合わせると、バシッと決まります。

これは「シチズンの腕時計」です。

f:id:kobutorisinsi:20170422234546j:plain

チープシチズンと呼ばれているシリーズで、価格は1,000円!

たまに「ダニエルウィリントン?」って聞かれます。笑

アクセサリーとして付けるなら、チープシチズンで十分ですよ。

純正のバンドはダサいので、付け替えることをオススメします。

▼写真と同じ「チープシチズン」

▼オススメの「革のバンド」

実際のコーディネート例

では実際のコーディネートを見ていきましょう。

1つ目は「白ポロシャツとスラックス」のキレイめスタイルです。

f:id:kobutorisinsi:20170422234429j:plain

ローファーを合わせることで、大人っぽい雰囲気にしました。

2つ目は「ネイビーポロシャツ+デニム」の組み合わせです。

f:id:kobutorisinsi:20170422234431j:plain

なぜかカメラ目線ですが、無視してください。笑

実はポロシャツが「あい染め」で、デニム風になっています。

デニムを合わせることで、カジュアルな雰囲気にしてみました。

3つ目は「白ポケTと黒の短パン」です。

f:id:kobutorisinsi:20170422234433j:plain

白と黒のモノトーンで組み合わせています。

「半袖と半パン」で子供っぽくなりすぎるので、ローファーとバングルで上品にしました。

4つ目は「ボーターとベージュ短パン」の組み合わせです。

f:id:kobutorisinsi:20170422234435j:plain

大人っぽい服装だけは嫌だったので、「カジュアル」な組み合わせにしました。

ちょっとした外出なんかは、このスタイルで行こうと思っています。

 

私服の制服化の注意点

最後に「私服の制服化」の注意点を2つ紹介します。

  • 生活環境を考えて選ぶ
  • 妥協せず、満足できる服を探す
どのような服を選ぶかは「生活環境」によって異なります。

自分の住んでいる場所や気候、通勤の仕方など、いろいろな側面を考えましょう。

また、妥協せずに服を選んでください。

同じ服をずっと着ることになるので、好きではない服を選んでしまうと苦痛になります。

 

「考えるのが面倒だ」という人はスタイリングサービスがオススメ

色んな要素を考えながら、服を選ぶのは、けっこう大変だと思います。

ぼくはもともちコーディネートを考えるのが好きですが、それでも「私服の制服化」するときはエネルギー使います。

なので、「どんなコーディネートにするか」をプロに決めてもらうのもありです。

「服の組み合わせを考えるのが苦手」という人が、必死に考えるよりも、専門家にお願いしてスパっと決めてもらった方が楽ですよね。

オススメは「ベストスタイルミーダイレクト」です。

上から下まで全て揃えてもらうことができます。

しかも、事前にヒアリングがあり、それに基づいてコーディネートしてくれます。

もし気に入らなかったら、別のコーディネートを提案してもらえるので、納得のいく服装を選ぶことができますね。

「センスがない」と思っている人が下手に選ぶより、プロに任せればオシャレになります。

「余計な服を買ってしまう」という無駄な時間とお金を節約できるので、いいですね。

コーディネートの提案をもらうだけなら、無料で行えるのもメリットですね。

その服が気に入って、「いざ購入」というときに初めて料金が発生します。

実際に着てみて、サイズが合わなければ返品交換できるのも嬉しいですね。

スタイリングサービスの申し込みはこちら

 

 まとめ

今回は夏服の「私服の制服化」について紹介しました。

私服の制服化は、「コーディネート」の呪いから解放されます。

実際ぼくは、1年間やってみて心底よかったと思っています。

メリットだらけなので、やってみてはいかがでしょうか。

また、「私服の制服化したいけど、センスがないから不安」という人は、思い切ってスタリングサービスを利用しましょう!

「コーディネートを考える」という苦痛をなくすことができますよ。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です