千葉県のいすみ市にあるコワーキングスペース「hinode(ヒノデ)」に行ってきた!

どーも!小太りです。

突然ですが、ぼくは今千葉県の「いすみ」という地区に来ています。

「金谷、まるも」は知っている人も多いと思いますが、「いすみ」は馴染みがないのではないでしょうか。

いすみには「hinode(ヒノデ)」というコワーキングスペースががオープンし、どんどん盛り上がっています。

実際にいすみ市に行って、hinode(ヒノデ)にも行ったので、「どうだったのか」をレビューしますね。

hind(ヒノデ)とは?

上記でも触れましたが、hinode(ヒノデ)はコワーキングスペースです。

コワーキングとは、個人が集まって作業したり、自分の仕事をする場所です。

色んな人が集まって作業している自習室」みたいな場所だと思ってください。

より詳しく知りたい人は、下記のボタンを押して、公式サイトを参照ください。

 

実際にhinode(ヒノデ)に行ってみた

ヒノデに実際に行ってきました!

改装が終了して5月6日にオープンしたばかりなので、中身はとても綺麗ですね。

中は木の基調とした感じで、ソファなどのインテリアもおしゃれです。

歓談スペースがあり、疲れたここでおしゃべりすることもできますね。

コワーキングスペースはこちらで、集中して作業ができます。

とても静かな空間なので、作業に没頭できます。

その他にイベントスペースもあり、この日は田舎フリーランスの講座が開かれていました。


う〜ん、とてもキレイです!笑

 

hinode(ヒノデ)のオススメポイント

「実際どうだったの?」と気になる人もいるでしょう。

実際に利用してみて「こういうことろがオススメだな」と感じたので、紹介します。

  1. 集中できる
  2. とにかくキレイ
  3. 椅子が高級
では、詳しくみていきましょう

 

集中できる

コワーキングスペースとして、とても優秀ですね。

静かな環境で、周りに誘惑がありません。

普段誘惑の多い場所で仕事をしている人は、ヒノデに来ると集中できますよー!

 

とてもキレイ!

ヒノデは最近オープンしたばかりなので、とても綺麗です。

利用するなら、綺麗な方がいいですね?

実際に中に入ってみると、「木の香り」がして、「新築なんだな」と感じました。

机や内装もキレイで、さらにはトイレもキレイなんですよ!笑

 

椅子が高級!

デスクワークしている人が気になるのは、椅子の質だと思います。

安い椅子に座っていると、腰を痛めることもありますからね。

ズバリ、ヒノデの椅子は「高級感」があり、腰が痛くなることもなさそうです。

値段分かんないけど、3万ぐらいはするんじゃないかなあ。

これだったら、長時間のデスクワークも可能ですね。

 

田舎フリーランス養成講座が行われていた!

田舎フリーランス養成講座とは、山口さんが主催しているイベントです。

田舎でフリーランスとして生きるために必要なスキルを学ぶことができますね。

講座内容は幅広く、ブログやサイト制作などのウェブスキルから、タスク管理などのライフハックまで様々。

ぼくが行ったときには、山口さんが講師で「タスク管理」の講座を開いていました。

仕事を抱えがちな人は、「自分にボールがない仕事までやろうとする」とのこと。

自分にボールがない仕事は頭から外して、リソースを生み出すのが大切なようです。

田舎フリーランス講座は定期的に開催されているので、気になる人は下記のボタンから、公式サイトへどうぞ。

 

誘惑のない場所で仕事に集中したい人にオススメ!

ヒノデに実際に行って仕事をすると、とても捗りました。

ヒノデはかなり田舎にあるので、都会のような「誘惑」がありません。

誘惑がない状態で仕事に集中することができ、「仕事があるのに、ついつい他のことをやってしまう」という人にオススメ!

 

まとめ

千葉県のいすみにある「hinode(ヒノデ)」コワーキングスペースを紹介しました。

最近オープンしたばかりなので、とても綺麗です。

静かで周りに誘惑の少ない環境のため、仕事にも集中することができるでしょう。

「誘惑に弱くて、ついつい仕事以外のことばっかりしてしまう」という人にオススメです!

 

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です