【Bluetoothイヤホンレビュー】 「TaoTronics/TT-BH07」を買ってみた。”コードの煩わしさ”から解放される。

どーも!ポジティブロガー小太りです。

みなさんは「Bluetoothイヤホン」って使ったことありますか?

iPhone7からイヤホンジャックが廃止されたことにより、注目を浴びています。

 

ぼくも以前から興味があったので、思い切って購入してみました。

 

今回は「TaoTronics/TT-BH07」のレビュー記事です。

結論からいうと、オススメの1品です!

 

結論:ズバリ”買い”の1品!

値段(2699円)・デザイン共に”良い”イヤホンです。

音質も問題なし。

「ロック・ヒップホップ・レゲエ」

と幅広いジャンルを聞いてますが

どのジャンルでも満足な音質です。

ぼくは2ヶ月使っていますが問題なく使用中。

 

「TaoTronics/TT-BH07」詳細レビュー

Amazonの「Bluetoothイヤホン」ランキングから選びました。

耳周りのすっきりしたデザインです。

レッツ開封!

おしゃれな箱。

f:id:kobutorisinsi:20161007171315j:plain

パカッと開けると、箱が2つ。

f:id:kobutorisinsi:20161007171506j:plain

取り出します。

f:id:kobutorisinsi:20161007171638j:plain

小さい箱に本体が入っています。

f:id:kobutorisinsi:20161201151631j:plain

大きい箱には「説明書・ポーチ・予備パーツ」が。

f:id:kobutorisinsi:20161007172058j:plain

では細かく見ていきましょう。

 

イヤホンについて

「イヤーフック」型のイヤホン

耳に引っ掛けて使うタイプです。

f:id:kobutorisinsi:20161007172349j:plain

リモコン部分。イヤホンコードについています。

マイク付き、iPhoneの音声入力も問題なくできる。

f:id:kobutorisinsi:20161007173553j:plain

リモコン裏側。

基本操作はリモコン部分で可能です。

f:id:kobutorisinsi:20161007174444j:plain

「音量大」を長押し→「曲送り」

「音量小」を長押し→「曲戻し」

の操作ができます。

結構重宝しますよ。

装着時の様子
f:id:kobutorisinsi:20161007181625j:plain

イヤーフックの先端を

耳のくぼみにブッ差す感じです。

拡大バージョン。

f:id:kobutorisinsi:20161007181702j:plain

しっかり固定されます。

3回ヘドバンしても外れませんでした。

 

付属品の紹介

予備のイヤーフック

本体に付いているものを含めると

3種類/計6つ」のイヤーフックがある。

f:id:kobutorisinsi:20161007175216j:plain

予備のイヤチープ

イヤーフックと同じく3種類・計6つ付属。

f:id:kobutorisinsi:20161007175521j:plain

USB充電ケーブル

f:id:kobutorisinsi:20161007175604j:plain

このように充電します。

f:id:kobutorisinsi:20161007175818j:plain

1.5時間充電で最大6時間使用可能。

トラベルポーチも付属。

正直使っていませんww

f:id:kobutorisinsi:20161007175948j:plain
ペアリングは簡単
f:id:kobutorisinsi:20161007181217j:plain

①再生ボタンを3秒長押し

②「赤・青」の点滅になるとペアリング開始。

あとはデバイス側で承認するだけ。

f:id:kobutorisinsi:20161007181504j:plain

 

メリット

実際に使ってみて感じたメリットを説明します。

 

①価格が安い(2699円)

Amazonを使用すれば、2699円で購入できます

※2016/12/01時点

このクオリティで2000円代はコスパ良すぎる。

購入時に他のBluetoothイヤホンも調べましたが

このイヤホンが一番オススメです。

他のは価格が高かったり、デザインがださかったり。。

 

②耳元のボタンで操作できる

スマホをわざわざ取り出す必要がない。

耳元のボタンで基本操作ができます。

ボリュームの調整・曲送りもできる。

ランニングしながら音楽聴く人にはオススメ。

 

③マグネットが便利

f:id:kobutorisinsi:20161007182544j:plain

イヤホンの本体部分にマグネットが搭載されています。

使わない時はくっつけて、コンパクトに収納できる。

首から下げることも可能。

f:id:kobutorisinsi:20161007182710j:plain

 

デメリット

では、反対にデメリットについて説明します。

 

①充電切れが気になる

通常のイヤホンと違い「充電式」で、電池切れが気になりますね。

といっても「1.5時間充電で最大6時間使用可能」なので、基本的には大丈夫です。

毎日1時間ぐらい使っていますが、週に2回ぐらい充電すればOKですね。

 

②首元がすっきりしない

f:id:kobutorisinsi:20161007183326j:plain

 装着すると”首元のボタン”が気になります。

コード付きのイヤホンにはないデメリット。

「見た目にはこだわりたい」

「すっきりしたイヤホンがいい」

という方にはオススメしません。

 

③装着するのにコツがいる

f:id:kobutorisinsi:20161201151956j:plain

ご覧の通りイヤーピースが特殊な形をしています。

フックの部分を耳に差し込んで使用。

これが難しくて、コツがいるんですよね。

慣れるまで大変です。

うまく差し込んでないと

振動で外れて「うっとおしい!」ってなるw

まあ、すぐ慣れるので問題ないと思います。

 

まとめ

デメリットもありますが

それを補って余る程のメリット!

かなりオススメします。

【メリット】

  • コスパが良い(2699円)
  • 操作ボタンが便利
  • マグネットで首から下げれる
  • バッテリーケースと相性抜群

【デメリット】

  • 電池切れが心配になる
  • 首回りがスッキリしない
  • 装着時にコツがいる

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

4 件のコメント

  • こんにちは!大変参考になりました。
    ところでこの製品はBluetoothの機能がついているPCでも使用できますか?
    imacのOSXなんですが・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です