iPadが活用できる最強マニュアル!おすすめのアプリも紹介

どーも、小太りです。

先日iPad pro・Apple Pencil・smart keyboardを購入しました!

そして毎日仕事に、遊びに、情報収集に使い倒しています。

「iPadってどういう使い方をすればいいの?」

「ノートPCの代わりに使うことってできるの?」

「効率のいい活用方法が知りたい」

という人もいると思います。

そこで本記事ではiPadの使い方の基本・おすすめアプリ・テクニックを紹介します。

「iPadを買って活用したい」という人はぜひご覧ください。

使い方の基本

最初にiPadの基本的な使い方について説明していきましょう。

iPadは「インプット・アウトプットの両立」が基本的な使い方になります。

インプットとは情報を収集することで、反対にアウトプットとは情報を出して「形」にすることを意味します。

具体的には

  • インプット:Twitterを見る、ネット記事を見る、Youtube動画を視聴する
  • アウトプット:Twitterで自分の意見を発信、ブログ記事を書く
などですね。

iPadは普通に使うだけでは、インプット寄りのデバイスになってしまいます。

なぜなら画面が大きくて情報が見やすく、持ち回りもしやすいので「いつでもネットサーフィン&好きなアプリで遊べる」という特徴を持っているからです。

なので、 iPadを普通に使っていると「気がついたらずっと動画を見ていた」というインプット過多になることもあるでしょう(ぼくはありましたw)。

インプット過多にならないように「アウトプット」も意識しなければいけません。

具体的には

  • 毎日Twitterで発信する
  • noteで記事を書く
という「アウトプットの基準」を設けてクリアしていくのがいいでしょう。

スマホ /PCとの使い分け

iPadを使うときに気になるのが「スマートフォンやPCと、どう違うの?」ということ。

ぼくは普段MacBookを使っていたので、購入前に「どういう使い分けをすればいいのだろうか?」と悩んでいました。

実際は下記のような使い分けをしています。

  • スマホ:隙間時間の軽いインプット/アウトプット
  • iPad :家や外出先での作業
  • MacBook :PCにしかできない作業
基本的にはスマホ+iPadで完結させるようにしています。

電車を待っている時間や、ちょっとした移動のときは「スマホ」を使ってTwitterで情報収集をしたり、ネット記事を読んだり。

カフェに入ってガッツリ作業するときはiPadを使って、記事を書いたり長文のメッセージを返したりしています。

そしてiPadでは効率の悪い作業をMacBookでこなしています。

具体的には

  • スマホ:SNS/ニュースアプリで情報収集、軽いメッセージの返信
  • iPad:記事の作成、長文のメッセージ返信
  • MacBook:スライド&資料の作成、スプレッドシートでの表作成
という使い分け。

それぞれのデバイスに「得意な作業」があり、その範囲の中で使うデバイスを変えています。

以前はMacBookだけで仕事していましたが、今はiPadだけで仕事ができるようになりました。

おすすめアプリ

実際に使っているオススメのアプリを紹介していきます。

  • Ulysses:ブログエディタ
  • dマガジン:雑誌読み放題
  • Evernote :高性能メモ

Ulysses(ユリシーズ)

Ulysses
Ulysses
無料
posted withアプリーチ
Ulyssesはブログ用のエディターアプリです。

メリットは

  • マークダウン記述対応
  • 書くのに集中できる
  • WordPressの入稿に対応
の3つですね。

まず「マークダウン」というのは、記事作成の手間をショートカットできる方法。

例えば文字の先頭に「##」と記述すれば、それは「見出し(h2)」と同じ扱いになります。

わざわざ見出しの変換ボタンを押す必要もなく、サクサクと文章を書くことができるでしょう。

次のメリットとしては「書くことに集中できる」というポイントです。

この記事もUlyssesを使って書いているのですが、無駄な情報が一切なく、ひらすら「文章作成」に没頭できました。

 

(↑Ulyssesのエディタ画面)

「記事を書いていると、Twitterやネットサーフィンしてしまう」という意思の弱い人(ぼくですねw)にオススメ。

さらにUlyssesはWord Pressに直接アップロードができます。

わざわざ「コピーして貼り付けて、手直しする」という面倒な手順を踏む必要がなく、簡単に「Word Pressで投稿」まで進めることができ、非常にスムーズです。

 

dマガジン

dマガジン
dマガジン
無料
posted withアプリーチ
dマガジンはドコモが提供している「雑誌読み放題」のアプリです。

月額400円程度支払えば、約1200冊の雑誌が「いつでも・どこでも」読むことができるんですよ!これは驚きです。

(↑dマガジンの雑誌一覧画面)

なぜ「iPadで雑誌を読むのか」というと、iPadのサイズが雑誌閲覧に丁度いいから。

ぼくが使っているのは10.5インチのiPad proで、雑誌も存分に読むことができます。

今までスマホで雑誌を読もうとして「流石に画面が小さい」と挫折していましたが、iPadならサイズがピッタリ!

iPadを手にしてからdマガジンを使って、雑誌を読みまくっています。

初月は無料で「お試し」ができるので、気になる人は無料お試しがオススメ!

Evernote(エバーノート)

Evernote
Evernote
無料
posted withアプリーチ
エバーノートは高性能なメモアプリです。

ユーザーも多く、世界で2億人・日本では900万人に愛用されています。

ぼくも2年近く使っており、iPadを購入してから、すぐにダウンロードして毎日使い倒しています。

特徴としては

  • 他のデバイス同期
  • ノート機能(フォルダ分け)
  • 優れた検索性
の3つですね。

まず、エバーノートは1つのアカウントで複数のデバイスに適応することができます。

例えば「スマホで書いたメモをiPadで開いて編集、そしてPCで画像を入れる」ことも可能。

次に「ノート」というフォルダ分け機能が便利です。

ぼくは「ブログ」というノート(フォルダ)を作って、ブログ関連のメモはそのノート内に入れるようにしています。

どうしても煩雑になりがちなメモ管理も、スムーズに管理することができます。

3つ目の特徴は「優れた検索システム」ですね。

メモって思いついたことを書くので、後から読み返そうとしても「探してるメモってどこにあるっけ?」といった「メモを探す時間」が発生しますよね。

エバーノートでは検索機能が付いているので、キーワードを入れて検索ボタンを押せば、探しているメモが一瞬で出てきます。マジ最強。

「普段はデフォルトのメモアプリを使っている」という人にオススメ。

iPadの作業を爆速にする3つのテクニック

iPadは普通に使っても「ただのタブレット」でしかありません。

あるテクニックを使うことで「PC並み」に使うことができます。

そこで実際にぼくが使っている「iPadを使う上で必須テクニック」を紹介します。

  1. 画面分割
  2. ショートカットキー(コマンド&Tab)
  3. ドックの活用
では詳しくみていきましょう。

画面分割

(↑ iPadの画面分割)

iPadで作業する上で欠かせないのが「画面分割機能」でしょう。

画面分割とは、画面を2〜3つに分けて複数のアプリを同時に開く機能です。

ぼくはこの「画面分割機能」をいつも使っており@片方で調べ物をしてながら、もう片方でメモする」という使い方もしています。

特別なアプリも必要なく、iPadに標準装備されている機能ですね。

ショートカットキー(外付けキーボード必須)

ショートカットキーは、あらかじめ割り振られたキーを押せば、特定の作業が行われることです。

例えば「command + C=コピー」「command + tab=アプリの切り替え」などができるんですよ。

「わざわざショートカットキー覚えるの面倒だし、使う必要あるの?」と思う方もいるでしょう。

たしかにショートカットキーを覚えるのは少し手間ですが、使いこなせるようになると作業効率が上がります。

またiPadを使う上で「ショートカットキーを使うこと」は必須スキルであり、使わないとPCのように使うことができません。

ぼくもショートカットキーの表を見ながら、ちょっとずつ覚えて、今では「ショートカットキーがないと不便」と感じるぐらいになりました。

よく使うショートカットキーは下記の3つですね。

  • command+Tab→切り替え
  • command+option+D→Dock出す
  • command +[ →戻る
ショートカットキーは「command」長押しで、いつでも確認することができます。

Dock(ドック)の活用

ドックとは画面下にある「アプリを表示するバー」のことです。


(↑ ドックの画像)

ドックに表示されるアプリは「登録アプリ/最近使用したアプリ」の2種類。

なので、よく使うアプリはドックに入れておいて、いつでも使えるようにしておくと便利ですね。

ぼくはよく使う「メッセージアプリ・カレンダー・メモ」をドックに入れています。

ちなみに、ドックに表示されているアプリは、そのまま上に移動させるだけで「画面共有」をすることもできます。

こんな人におすすめ

ぼくはすでにMacBookとiPhoneを持っており「正直iPadは必要ないかな?」と思っていたのですが、実際に使ってみると便利でした。

具体的には下記のような人にオススメしたいですね。

  • 常にノートパソコンを持ち歩いており、荷物を軽くしたい人
  • MacBook・iPhoneを持っている人(連携が簡単なので)
  • iPadだけで仕事をしたいWeb系の人
  • アウトプットもできるタブレットを探している人
ぼくは使ってみて「かなり良かった」と思っているので、上記のような人にはオススメ!!

まとめ

本記事では「iPadの使い方の基本・おすすめアプリ・テクニック」を紹介しました。

基本的には「インプットとアウトプットの両方をこなす」という使い方がオススメでしょう。

またスマホやPCとの使い分けは 、下記のように行なっています。

  • スマホ:SNS/ニュースアプリで情報収集、軽いメッセージの返信
  • iPad:記事の作成、長文のメッセージ返信
  • MacBook:スライド&資料の作成、スプレッドシートでの表作成
そして、iPadを使いこなすには
  1. 画面分割
  2. ショートカットキー
  3. ドックの活用
のテクニックを覚えた方がいいでしょう。

さらにiPad用のオススメアプリは下記の3つです。

  • Ulysses:ブログエディタ
  • dマガジン:雑誌読み放題
  • Evernote :高性能メモ
iPadは実際に使ってみると、かなり便利なタブレットでした。

ぼくは普段MacBookで仕事をしていたのですが、今ではiPadがメインになっています。

「iPad 購入しようか検討中」

「仕事用のPCの代わりになるかな?」

と悩んでいる人は、ぜひ購入をオススメします!

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です