【レビュー】ミニセグウェイ「KINTONE(キントーン)」に乗ってみた!スペックや注意点を紹介。

どーも!小太りです。

みなさん、 最近ミニセグウェイが人気になっているのはご存知ですか?

ミニセグェイとは、ハンドルのない小型のセグウェイです。

簡単な操作で誰でも楽しめることから、密かなブームになっているんですよ。

しかし、ミニセグウェイに馴染みがない人が多いです。

「ミニセグェイって危なくない?」

「操作が難しそう」

と思っている方も多いと思います。

そこで、今回は人気のミニセグウェイ「KINTONE(キントーン)」を紹介!

スペックや基本操作、注意点を詳しく解説します。

さらに、実際にぼくが乗って体験してきたので、「乗ってみてどうだったか?」をレビューします。

結論からいうと、かなり面白かったですよ!

 

KITONE(キントーン)とは?

f:id:kobutorisinsi:20170415145724p:plain

キントーンはハンドルのないミニセグウェイのことです。

会社名もキントーンなので、少しややこしいですね。笑

数あるミニセグェイの中でも、かなりの人気になっています。

最近はテレビで紹介されたり、イベントに出展するなどグングン知名度が上がっていますね。

キントーンは他のミニセグェイに比べて、安全性が高く、公式サイトもあるため安心して購入することができます。

ミニセグェイは安い類似品もたくさんありますが、「安ければいいから」といって品質の悪いものを購入してはいけません。

新しいモデルも出たりして、キントーンはこれからドンドン人気になりそうです。

今のうちに買っておけば、ブームにも乗り遅れませんね。

 

実際に乗ってみた(2017/03/17追記)

f:id:kobutorisinsi:20170415141532j:plain

実際にキントーンに乗ってきました。

先に結論をいうと、かなり面白かったです!

「重心移動をするだけで、機械が反応して動く」という仕組みが衝撃的でした。

まさに、未来の乗り物って感じですよ。

運動音痴のぼくでも5分で乗れるように

操作は簡単です。

運動が苦手なぼくでも、5分練習すれば、思い通りの運転ができるようになりました。

重心移動足の傾き加減で操作します。

前に進みたいときは、体重を前に傾けてください。

右に曲がりたいときは、左足を踏む込めば、曲がります。

文章にするとややこしいですが、慣れれば簡単です。

▼実際に乗っている動画です。

www.youtube.com

最大速度は10キロですが、そこまでの速度を出さなくても十分速く感じます。

▼徐々に慣れてきてスピードアップをしてみました。

www.youtube.com

速度は7キロぐらいだと思いますが、体感速度は結構速いですね。

実際に乗って分かったことは、「段差を越えるのは難しい」ということです。

段差を越えようとすると、どうしてもバランスを崩してしまいます。

ただ、知人は段差を軽々と超えており、「慣れれば簡単だよ」といってました。

段差に関しては「慣れれば大丈夫」ですね。

かなり楽しかったです!公園の中をぐるぐる走り回っていました。

まさに「次世代の乗り物」という感じです。

現在はイベント会場・キャンプ場でも取り入れられているようです、

自然いっぱいのキャンプ場をキントーンに乗って、さっそうと駆け抜けるなんてワクワクしすよね。

知人は「公園で乗っていると、人が集まって人気者になる」といってました。

ぼくが乗っているときも、近くにいた子供がこっちを見ていました。笑

 

キントーン本体の様子と詳しい乗り方の紹介!

スタイリュッシュなデザインをしています。

f:id:kobutorisinsi:20170415141322j:plain

キントーンはこのモデル以外にも2つ種類がありますが、デザインはこのモデルが一番カッコいいです。

本体の下部分に電源ボタンがあります。右の接続部分は電源プラグの差し口です。

f:id:kobutorisinsi:20170415141323j:plain

電源を入れると、音がなってバランスセンサーが起動します。

本体の中央に電池残量が表示されて分かりやすい。

f:id:kobutorisinsi:20170415141332j:plain

ステップペダルに足を乗せます。

f:id:kobutorisinsi:20170415141329j:plain

片足だけ乗せると変な方向に進むので、素早く両足を乗せるのがコツです。

f:id:kobutorisinsi:20170415141331j:plain

重心を中央に持ってくると運転が安定します。

前後の体重移動でスピードのコントロールができます。

右足に体重をかけると左に旋回して、左足に体重をかけると右旋回します。

例えば左カーブを曲がりたいときは、前に体重をかけて進みながら、右足を踏み込んで徐々に左方向に向きを変えていきます。

文章にするとややこしいですが、乗ってみると簡単ですね。

運動音痴のぼくでも乗れたので、すぐに乗れるようになるはずです。

知人はキントーンを1年前に購入したようですが、問題なく使えています。

頻繁に乗って遊んでも、普通に使っていれば故障はありません。

キントーンはかなりタフに作られているようです。

 

キントーンのスペックを紹介!

ここからは、キントーンの詳細スペックを紹介します。

基本的には、下記のような仕様になっています。

最高速度時速10km
走行距離1回の充電で最大20km
傾斜18〜25度まで走行可
サイズ横58×縦17cm
本体の重量10kg
制限体重20〜100kgまで
充電時間1~2時間
価格48,900円
「価格が48,900円って高い!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、同じ電動式の乗り物である「電動自転車」は10万円ぐらいします。

それに比べたら半額以下で購入できるので、キントーンは比較的お得です。

 

①最高時速は10キロ

f:id:kobutorisinsi:20170415145753p:plain

キントーンは、最高時速10キロまで出ます!

軽いジョギングと同じ程度です。

「ジョギング程度って遅くない?」と思ったあなた、十分速いです。

実際に乗ってみると分かりますが、体感速度はかなり速い!

ぼくは7キロぐらい出して遊んでましたが、けっこう速かったですよ。

最高速度の10キロまで出さなくでも、楽しめますね。

また、安全装置が付いているので、10キロ以上はでないようになっています。

また速度が出すぎると、「ピーピー」と警告音がなるので、安全に遊ぶことができます。

これだと、小さいお子さんが遊ぶ場合も安心できますね。

▼最高時速を出している動画(3:27あたり)です。

www.youtube.com

②便利な充電式(2時間使用可)

f:id:kobutorisinsi:20161219150338p:plain

キントーンはリチウムバッテリー内蔵の充電式です。

1〜2時間充電すれば、満タンになります。

満タンだと、2時間も遊ぶことができる!

走行距離にすると約20キロなので、思いっきり楽しめますね。

家庭用の電源で簡単に充電できるので、繰り返し使うことも可能。

バッテリーは500回以上の充電にも耐えれる、タフな仕様になっています。

遊ぶ前にサッと充電しておけば、充電切れを気にすることなくキントーンに乗れますね!

さらに、キントーンにはUSBポートが付いており、スマホの充電もできます。

f:id:kobutorisinsi:20170415145810p:plain

公園で遊んでいて、「スマホの電池がなくなった!」という時にすぐ充電できます!

実際に使うかどうか分かりませんが、便利な機能ですね。笑

 

③軽い雨なら使用可

f:id:kobutorisinsi:20170415145832j:plain

「雨の日でも使えるの?」と気になっている人もいるでしょう。

ズバリ「小雨程度」なら大丈夫です!

キントーンは多少の水しぶき(飛沫)程度なら、正常に動作します。

しかし、雨が降ったら路面が濡れて危ないので、使用する際は注意しましょう。

 

④乗りやすさがアップしている

f:id:kobutorisinsi:20170415145841p:plain

キントーンには4つのセンサーが付いています。

重心を移動させたり、足を踏み込むとこのセンサーが反応して、キントーンが動きます。

旧モデルはセンサーが2つだったのに対して、このモデルは4つに増えています。

安定性も増して、安全に使用することができます。

特にお子さんが使用するときは安全性が気になりますから、これを嬉しいグレードアップですね。

実際に乗ってみるとセンサーの大切さが分かりました。

なぜなら、センサーの数が多いほど、細かな動きを感知できるからです。

なので、センサーが4つも付いているこのモデルは、思い通りの操作が実現できますね。

 

⑤豊富なカラーバリエーション

f:id:kobutorisinsi:20170415145849p:plain

色は全部4種類なので、自分の好きな色を選ぶことができますね!

人気色はブルーです。

ホワイトはクールなイメージでかっこいい!

レッド・オレンジは明るく・派手なので、公園で遊んでいると人の注目を集めそうです。

僕が乗ったのはブルーでした。

ちょっと黒よりのブルーで、結構かっこよかったです。

 

キントーンはこういう人にオススメ

キントーンは下記のような人にオススメです。

  • お子さんと一緒に遊びたい人
  • アウトドア好きの人
  • イベントを盛り上げたい人

では詳しく説明していきます。

 

①お子さんと一緒に遊びたい人

f:id:kobutorisinsi:20170415150043j:plain

キントーンは子供にも人気です!

好奇心旺盛な子供だと、ミニセグェイという近未来的な乗り物は必ずウケます。

実際にぼくが公園でキントーンに乗っていると、子供がワラワラと集まってきました。笑

休みの日にキントーンを持って公園に行き、お子さんと一緒に楽しむ。

いやあ考えるだけでも、最高ですね。お子さん喜びますね。

しかも、バッテリーも2時間持つので、思いっきり遊ぶことができます。

「お子さんの喜ぶ顔が見たい人」にはオススメです!

 

②アウトドア好きの人

f:id:kobutorisinsi:20170415150051j:plain

キントーンは公園や施設(事前の許可が必要)だと使用できます。

なので、キャンプ場や自然公園で思っ切り楽しむことができますよ。

「自然の中でキャンプしながら、キントーンでワイワイ遊ぶ」って最高ですね!

みんなが注目してくれること間違いないし、盛り上がる!

またUSBポートが付いているので、スマホを充電することもできるんです。

いざというときに、便利ですよね。

アウトドア好きにはオススメの商品ですね。

自然の中でキントーンを楽しみたい人は「オフロードモデル」がオススメです。

 

③イベントを盛り上げたい人

f:id:kobutorisinsi:20161219162420p:plain

キントーンは、展示会・イベントなどで使われています。

今はテレビでも紹介されて、人気の商品なので集客できる可能性も高い。

「イベントに人を集めて成功させたい、、」と考えている人にはオススメです!

公式通販サイトなら、法人窓口が開設されているので、企業相手の対応もできます。

まとめ買い・イベント使用もできるようなので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

1度購入すれば何度も使うことができるので、コスパもいいですね。

 

気になる安全性もバッチリ!

 「キントーンって安全なの?」

と気になる人は多いと思います。

安心してください。キントーンは高い安全性を持っています!

 

PSEマーク取得済み

f:id:kobutorisinsi:20170304194444p:plain

キントーンは、PSEマークを取得済み。

PSEマークとは、電気製品原因火災・感電から消費者を守るために作られた安全規格のことです。

キントーンが取得しているひし形のPSEマークは、厳重な審査をクリアし、高い安全基準を満たした電気用品のみが取得できるマーク。

なので、通常のマークが付いている商品よりも安全性が高いんですね!

 

頑丈な素材・スポンジ性のタイヤを使用

また、ABSPCという頑丈な素材を使っているので衝撃に強い!

ぶつかっても壊れにくいのが特徴で、1万回以上の耐衝撃テストをクリアしています。

屋外で使う物なので、壊れにくいと安心して遊べますね。

タイヤは空気圧ではなく、スポンジ性のものを採用。

走行時にバランスが取りやすく、滑りにくい仕様になっています。

 

公道では使用できないので注意

私有地・公園のみでの使用になります。

日本の法律ではセグウェイの公道使用は許可制になっているので、キントーンもそれに準じているようですね。

公道で使用できないのは残念ですが、広い公園に行けば思う存分遊ぶことができます。

その他の注意点を下記の記事にまとめています。

 

 

正規販売店を選ぼう

キントーンは多くの類似品があります。

一見すると正規品と区別がつかないので、注意しましょう。

類似品は故障したり、保証がないことがあるようです。

万が一、類似品を購入して故障した場合、自費での修理になります。

「安いから」という理由で類似品に手を出すと、高い修理費を払うことになり、あとで後悔しますよ。

正規店半年のメーカー保証が付いているので、修理保証にも対応可能!

保証がついていると、安心して楽しむことができますね。

長い目でみれば、少し価格が高くても、正規品を買う方が賢い選択ですよね。

 

 正規販売店はキャンペーンが豊富

正規販売店は、たびたびキャンペーンを開催します。

通常価格48,900円ですが、キャンペーン中なら安く購入することが可能!

さらに、送料無料持ち運びケースが無料でもらえます。

キャンペーンの期間は非常に短いので、こまめにチェックした方がいいです。

ちなみに、売り切れも早いので要注意です。

 

まとめ

今回はKINTONE(キントーン)について紹介しました。

キントーンはテレビで紹介されたり、イベントに出展したりと人気になっています。

実際に操作が簡単で、すぐ乗りこなすことができました。

購入を検討している人は、くれぐれも類似品を買わないように気をつけてください。

正規販売店から、ちゃんとしたキントーンを購入することをオススメします。

また、正規販売店のキャンペーン中に購入すれば、お得にゲットできます!

さらに、半年の保証持ち運びケース付き・送料無料とお得だらけ。

人気のキントーン、ぜひゲットしたいですね!

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です