【レビュー】Teva(テバ)のサンダル「HURRICANE(ハリケーン)XLT」はコスパ最強だった!

どーも!小太りです。

ぼくはTeva(テバ)の「HURRICANE(ハリケーン)XLT」というサンダルを愛用しています。

3年前に購入して、夏になると毎年履いている「定番のアイテム」になりました。

3年履いてきたぼくが、ハリケーンのメリットとデメリットを徹底解説!

結論からいうと、コスパ最強のサンダルなので、買って損することはありません。

「ハリケーンを買おうか悩んでいる」という人は、ぜひ参考にしてみてください!

Teva(テバ)の「HURRICANE(ハリケーン)XLT」とは?

項目詳細
価格7,884円
素材EVA

テバはアメリア生まれのブランドです。

もともと「脱げないビーチサンダル」を作ろうとして、足首を固定するストラップをつけたことから、スポーツサンダルが生まれました。

数あるテバのサンダルの中でもハリケーンは最も人気のモデルで、テバの代名詞だといっていいでしょう。

ナイロンテープ式のストラップが付いており、足をしっかりと固定してくれるのが特徴ですね。

日本でも多くの人に愛されており、間違いのないスポーツサンダルでしょう。

 

 

結論:コスパ最強のサンダル

先に結論をいうと、買って間違いなしのコスパ最強のサンダルです。

サンダルって消耗品のイメージがありませんか?

「安いものを購入して、すぐにボロボロになって買い換える」というのは、長い目みれば損をしています。

ぼくはテバのハリケーンを3年前に購入してから、他のサンダルを一切買っていません。

定価は7,884円で、3年履いているので1年あたりの着用コストは2,500円程度ですね。

もし3,000円程度の安いサンダルを1年のスパンで購入している人は、ハリケーンを買ったほうがお得です。

もちろん価格だけでなく、デザインや性能も優れています。

アマゾンで購入すれば定価よりも安く購入できるし、送料もかかりません。

 

実際に着用して感じた5つのメリット

「コスパがいいのはわかったけど、実際に履いてみてどうだったの?」と気になる人もいるでしょう。

ぼくが3年間着用して、実際に感じたメリットを説明します。

  1. 耐久性が高い
  2. 価格が安い
  3. どんな服装にでも合う
  4. ナイロンテープで細かい調節ができる
  5. 靴下有りでも着用可能
では、詳しくみていきましょう。

 

耐久性が高い

ハリケーンを履いて驚くのは、耐久性の高さです。

ぼくは購入してから3年ほど履いてますが、全くへこたれていません。

しかも、夏になるとハリケーンばかり履いているので、相当な負担がかかっているはずでしょう。

それでも、壊れずに長い間履くことができるほどの耐久性を備えています。

1度購入すれば、長年履くことができる「いいサンダル」ですね。

 

価格が安い

上記でも少し触れましたが、ハリケーンは価格が安いです。

定価が7,884円で、アマゾンであれば、さらに安く購入することも可能です。

同じ人気スポーツサンダル「チャコ」が10,260円なので、2,000円ほど安いですね。

「とりあえず1足 スポーツサンダルが欲しい!」という人は、チャコよりもこちらがオススメ!

 

どんな服装にでも合う

ハリケーンはシンプルなデザインをしており、どんな服装にも合わせることができます。

カジュアルな服装はもちろんですが、キレイめなコーディネートでもバッチリ!

合わせる相手を選ばない「万能的」なサンダルですね。

色は豊富ですが、オススメはでしょう。

黒だと足元を引き締めながらも、ラフに履くことができます。

 

ストラップで細かい調節ができる

ハリケーンはストラップで細い調節ができます。

なので、自分の足に合うようにサイズを変更することが可能です。

靴紐を締めたり、緩めたりする感覚と同じでしょう。

例えば「夕方にあると足がむくむ」という人でも、緩めて履けば問題ありません。

ぼくは動くときにストラップをきつく締めて、動かない時は緩めて履いています。

 

靴下アリでも着用可能

「サンダル=素足で履くもの」というイメージがある人はいませんか?

それは間違いで、ハリケーンは靴下を履いていても着用可能です。

靴下+スポーツサンダルというのはトレンドで、多くの人がやっているスタイルですね。

また、靴下を履くことで夏だけでなく「春や秋」などでもサンダルを着用ができ、長いシーズンに渡って利用できるでしょう。

オススメは「グレーや白」などのシンプルな靴下です。

 

▼写真は黒ですが、グレーと白もあります。

 

デメリット:ナイロンテープが乾きにくい

3年履いて思ったのは「ナイロンテープが乾きにくい」ということです。

ハリケーンのストラップ部分にはナイロンテープが使われており、一度濡れると乾くまで少し時間がかかります。

なので、ハリケーンを履いて海や川に入るときは気をつけて下さい。

「乾きにくい」といっても、テープの部分を開いて、1晩おいておけば乾きます。

神経質な人意外は、そこまで気にしなくてもいいでしょう。

 

まとめ

テバの定番サンダル「ハリケーン」を紹介しました。

メリットとデメリットをまとめると、下記の通りです。

  • 耐久性が高い
  • 価格が安い
  • どんな服装にでも合う
  • ナイロンテープで細かい調節ができる
  • 靴下有りでも着用可能
  • ナイロンテープが乾きにくい
デメリット補って、大きく上回るほどのメリットです。

また、アマゾンのセールで購入すれば定価よりも安くゲットできるし、送料もかかりません。

ただし、セールは予告なく終了するので、気になる人は早めにチェックして下さい。

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です